好きなアドレスを自由に作成可能!サーバーを借りてメールアドレスを作る

サーバーを借りれば独自ドメインでアドレスを作れる

サーバーをレンタルすると可能なのはウェブサイトの運営だけではありません。メールの運用も可能です。たとえば、会社の名前を元にした独自ドメインを取ったあと、サーバーを借りて全社員のメールアドレスを生成し、運用するといったことができます。では、具体的にどのようにして行えばいいのでしょうか。まず、大事なのはメールを運用できるサーバーを見つけるということです。有料のレンタルサーバーであればほぼ間違いなく運用できますが、無料のサーバーの場合では使えないかもしれないので注意しましょう。

独自ドメインとサーバーの結びつけ方

メールを運用できるサーバーを見つけてレンタルをしたら、サーバーと取得した独自ドメインを結びつける作業が必要になります。具体的には独自ドメインを取得した業者のマイページにログインし、DNSの設定を行うというものです。契約したレンタルサーバーのIPアドレス、もしくはネームサーバーの情報が必要になるので、メモをしておきましょう。紐付けに成功すると数時間から数日程度で独自ドメインを使ってサーバーにアクセスすることができるようになります。

独自ドメインならアットマークの前が自由自在に

紐付けが完了したら、サーバーの設定画面でメールアドレスを作成していきましょう。メールアドレスはアットマークの前と後ろがあり、前につける文字列を自由に決めることができます。ポータルサイトやプロバイダでメールアドレスを発行する場合は、利用者が多いために数字をつけたり、ハイフンをつけたりしないと、好きな文字列をメールアドレスに組み込むことは難しいですが、独自ドメインのアドレスであればアットマークの前が一文字だけといったことも可能です。

レンタルサーバーで多いものは、お水です。月単位や年単位で契約をするものです。水のサーバーの需要が多くなってきています。