誰にでも起こり得る?気を付けたいネット誹謗中傷

注意点と対策について

ネット誹謗中傷とは、分かりやすく言うとインターネットで配信されているコンテンツやサービスなどから生まれた誹謗中傷や風評被害のことです。掲示板やSNS、ブログなどの記事やコメントなどが多い傾向にはあります。安易な書き込みが影響して生まれる事もあるので、個人情報の扱いには注意してネット上のサービスは利用しましょう。対策としては誹謗中傷の元となっている記事の排除、情報を流したユーザーの特定などがありますね。

ネット誹謗中傷の業者について

誹謗中傷対策、風評被害対策などを主な活動としている業者も昨今では多いです。なので困ったときにはそういった業者のサービスが役立つこともあります。業者選びのコツは対応の早さ、実績、サービスをどのような形で紹介しているかです。基本的にネット誹謗中傷の対策はスピードが命なので、依頼からすぐに行動してくれる業者の方が有り難いのです。ちなみに料金形態にも違いがあったり、無料相談を受け付けているといった業者もありますよ。

運営に対処してもらえることも

SNS、ブログサービスなどでは誹謗中傷に関する対応もしてくれることがあります。運営の権限で記事の排除、会員の行動を規制するなど、その処置はサービスによって様々ですね。有名なSNS、ブログほど情報は広まりやすいですが、対応も早いところが多いため信頼性は決して低くはありません。とはいえ悪意のある記事の保存はしておきましょう。後に証拠として使える場合があり、証拠があればケース次第では慰謝料の請求も可能となります。

逆SEOは検索エンジンの上位に目的のワードを表示させないことです、誹謗中傷サイトなどで困っていても消せないので、SEO対策でNGなことを逆にすることで検索しても目立たないようにする事が出来ます。