ネットの風評被害の現状・対処方法はどうすればいい?

ネット上における風評被害とは?

インターネットは、誰でも企業や個人・サービスや商品に対して悪意のある事を書き込めるだけに、その被害も甚大になる場合があります。そして、そのような情報を見る人には、それが嘘の情報であることを知る事は難しいです。一旦、掲示板や通販サイト・ブログなどに書き込みが行われてしまうと、その情報は瞬く間に世界に広まってしまいます。特に、個人を特定できうる情報なども合った場合、多くの人の目に晒される可能性が高くなり、大変危険です。

ネットでの中傷や悪意のある書き込みへの対処

もし、誹謗中傷の書かれたサイトを発見した場合、まずは証拠の保管が大切です。そのためには、書き込まれた内容ととホームページアドレスをコピー&ペーストをして保存しておきます。誤ってデータを削除してしまった場合や、データの故障などの可能性を考慮して念のために、その内容をプリントアウトして保存したり、外部ハードディスクやUSBメモリなどにも保存しておくと良いでしょう。データの保存が終われば、次は書き込みがなされているサイトの管理者に削除依頼をすることです。

書き込んだ人物を特定できるのか?

インターネットでは、書き込みをする際多くの人は本名ではなくペンネームを利用することがほとんどです。その分、匿名性も高くなるので書き込んだ本人を特定することは困難です。したがって、被害者はサイトの管理者へ情報の削除申請を行ったり、警察に被害届を提出しプロバイダに情報開示を請求するケースもあります。プロバイダの情報開示によって、書き込んだIPアドレスを割り出し、加害者への特定へとつながります。しかし、接続環境などによっては特定に時間がかかってしまうこともあるため、なるべく早い行動が良いでしょう。

風評被害対策は、協力し合って乗り越えていかなければなりません。そのうち減っていくので、落ち着くまでは我慢です。